Myraリキッドハンドリングシステム

パフォーマンス

リキッドハンドリングシステムの新しい水準

素晴しい結果を生み出す連携

  • MyraリキッドハンドリングとMicリアルタイムPCRとの切れ目のない完璧なqPCRワークフローの自動化を実現
  • 2つの装置による高精度かつ高正確な連携
  • 高品質なデータを得るための新たな基準の設定
Myra and Mic

Myraの真実

正確さと高精度が最高のデータへの鍵となる

「正確さ」は正しい値を導き出すために、「高精度」は同一性を再現するために必須です。自動化qPCRのセットアップにはその両方が必要となり、Myraリキッドハンドリングはそれを可能にします。–結果がその証拠です。

精度

信頼性のある測定再現性

Myraは、1μLの容量をCV値10%以下の精度で自動ピペッティング性能を持つので、qPCRの高い再現性を実現します。
高い精度が求められる遺伝子発現解析やHRM解析でもMyraピペッティングロボットで信頼性のあるデータを得られます。

Repeat high copy
  • KRAS ヒトゲノムDNAターゲット
  • 10,000コピー/反応
  • n = 48(セットアップ1 μLテンプレート/25 μL反応)
  • Cq = 19.23 | σ = 0.05 | Δmax-min= 0.25 | CV = 0.3%

高い再現性

低コピー数でも再現よく分注します

サンプルが、やむを得ず異常なポアソン分布により影響を受けた場合でも、確実なデータを保持します。

Myraによる自動qPCRの設定は、ピペッターの性能によるバイアスではなく、吸引したテンプレートによって引き起こされる有意なバイアスのみを保証します。

Repeat low copy 25 uL
  • KRASヒトゲノムDNAターゲット
  • 100 コピー/反応*
  • n = 48(セットアップ 1 μLテンプレート/25 μL反応)
  • Cq = 25.35 | σ = 0.11 | Δmax-min= 0.60 | CV = 0.4%

いつでも高精度

再現性ある結果により完璧な測定

データの再現性は科学的な研究を進める上で重要な要素のひとつです。
例え、テンプレートのコピー数が少なくても、MyraリキッドハンドリングとMicリアルタイムPCRでは毎回、正確な測定を確実に行います。

Reproducibility cycling

* これらの実験は、Micで測定が行われ、Project機能(データの 統合)を使用して解析しております。

  • KRASヒトゲノムDNAターゲット
  • 100コピー/反応*
  • n = 48(セットアップ1 μLテンプレート/25 μL反応)
  • 繰り返し:3回*
  • Cq = 25.39 | σ = 0.11 | Δmax-min= 0.65

正確さ

妥協した精度は含みません

Myraのオートピペッティング性能は、1 μL量あたりCV値10 %以下と高精度です。
微少容量に特化したチップと世界に求められる高品質のピペットヘッドの組み合わせで、コンパクトでありながら最高のパフォーマンスを持つ自動ピペッティングシステムを可能にしました。

Dilution 10 cycling
  • Capricious遺伝子
  • 7 ポイント、n = 4、10倍公比による希釈系列
  • E = 97%; R2 = 0.9999.

理想的な正確さと高精度

どんなときでも・・・

Myra自動リキッドハンドリングシステムを用いた1.2倍希釈系列は、特別なことではなく、今や標準となっています。
Myraリキッドハンドリングの素晴らしいピペッティングの高精度と正確さ、Micの温度均一性により、特別なことが「当たり前」となります。

理想的な正確さと高精度

あなたのラボワークの一部を自動化に

Myraリキッドハンドリングの高精度で正確なピペッティング能力であなたの研究業務の質を向上しませんか?見た目にも素晴しいリキッドハンドリング装置に複雑な希釈系列のピペッティングパターンを実行できる性能を加えました。きっと、あなたのラボワークを改善に導くでしょう。

Dilution various cycling
  • 様々な希釈倍率(1.2~10倍)
  • で測定 E = 98%; R2 = 0.9998.

お問い合わせは日本総代理店の株式会社スクラムへ

Contact one of our distributors or send a general enquiry

お問い合わせはこちら